台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2009年1月17日土曜日

    「台湾の声」【明日】台湾人も参加を! 日台共闘の決起集会

    明18日に開催します。
    日台共闘運動の決起集会です。
    申し込みは不要です。奮ってご参加ください。

    おおぜいの日本人が台湾のために立ち上がっています。台湾人も負けずに参加を!

    新年会も行い、今後の運動の進展を祝します。

                    台湾の声編集部

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    台湾人の外登証国籍を「台湾」に!「台湾正名」決起集会

     法務省入国管理局は在日台湾人に対し、外国人登録における国籍を、在日中国人と同様に「中国」とし、中国国民という誤った法的身分を押し付けている。これは台湾人にとっては祖国を否定されることに等しく、尊厳と人権を著しく損なうものだ。日本人にとっても、中国側の台湾侵略の野心に基づく「台湾は中国の一部」との宣伝を法務省が受け入れているという看過できない事態である。
     そうしたなかで、台湾人の国籍を正しく「中国」から「台湾」に改めることを求める言論活動や全国署名活動が開始された。そこでこの運動をさらに強化すべく、下記の要領で決起集会を開催する。
     これは中国膨張主義による「中国は一つ」との宣伝を根底から否定するための日本で初めての全国運動であり、大勢の人が参加するよう訴えたい。

                    記

    ■日 時:平成21年1月18日(日)午後2時〜4時30分

    ■会 場:靖国会館 2階 偕行の間(靖国神社境内、遊就館隣)

    ■プログラム

    第1部 集会(午後2時〜3時30分)参加費—無料

    1)外国人登録問題の経緯と問題点 柚原正敬氏(日本李登輝友の会事務局長)
    2)在日台湾人から見た外国人登録問題 林建良氏(メルマガ「台湾の声」編集長)
    3)外国人登録訂正要求運動の意義と目的 永山英樹氏(台湾研究フォーラム会長)

    4)識者や全国の運動リーダーによるアピール
    5)決議文の採択

    第2部 新年会(午後3時30分〜4時30分)、同会場にて。参加費—2,000円

    *集会前に靖国神社への昇殿参拝を行って日台英霊のご加護を希いますの       で、ご参列希望の方は午後1時15分、参集殿にご集合ください。玉串料として1,000円を申し受けます。

    ■主 催:日本李登輝友の会、台湾研究フォーラム、メールマガジン「台湾の声」
    ■後 援:在日台湾同郷会、日本台湾医師連合

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: