台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2009年1月10日土曜日

    「台湾の声」【読者便り】「ルーズベルトの昭和天皇宛親電はどうなったか」の全訳

    【読者便り】「ルーズベルトの昭和天皇宛親電はどうなったか」の全訳

    林建良様:

    発信する会のサイトに杉原誠四郎教授が『正論』2月号に書かれた「ルーズベルトの昭和天皇宛親電はどうなったか」の全訳が、概要・サマリーともどもアップロードされましたので御知らせします。

    この分析は、ルーズベルトが実際は日米開戦に対してどのような工作を行っていたかを明らかにしています。

    世界の4500名ほどのVIP(学者主体)の下記のメールが発信されました。

    December 8, 2008 (December 7 in the U.S.) marked the 67th anniversary of
    the outbreak of war between Japan and the United States. Prof. SUGIHARA Seishiro wrote an essay on the subject of a telegram sent by U.S. President Roosevelt to Emperor Showa (Hirohito) in the February 2009 issue of Seiron, published on December 25, 2008. The essay intended to explore the nature of the telegram, and leads to uncovering Roosevelt's real attitude toward
    war against Japan.

    The full translation of his essay is now uploaded in our site. Please
    read it at:

    Abstract: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/56_S1.pdf
    Summary: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/56_S2.pdf
    Full text: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/56_S4.pdf
    Author profile: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/56_S3.pdf
    Any questions are welcome.

    Sincerely,

    MOTEKI Hiromichi
    Deputy Chairman and Secretary General
    Society for the Dissemination of Historical Fact
    Tel 03-3519-4366
    Fax 03-3519-4367
    Email moteki@sdh-fact.com
    URL http://www.sdh-fact.com

    Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with customs
    in Japan

    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: