台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2009年1月2日金曜日

    「台湾の声」:読者の新春メッセージ(その2)

    読者の新春メッセージ(その2)


    ■匿名

    台湾と日本の関係がより近づき幸せな年になりますように

    *********************************************

    ■水沼 俊基(日本李登輝友の会)

    新生台湾として必ず世界の檜舞台に立つ日がくるを祈る!

    *********************************************

    ■ペンネーム:知床遙かなり

    台湾の声編集部 御中

    謹んで新年のお慶びを申し上げます。
    万難を排し、貴国台湾が新たに飛躍されることを祈願致します。また、敬愛する李登輝先生の御健勝をお祈り申し上げます。

    昨年の報道では、台湾駐日代表部の札幌分処(領事館)が近々設立されるそうです。北海道に暮らしている台湾の方々、そして北海道を訪れる台湾人観光客に
    とって朗報だと思います。この動きが更なる日台友好に寄与することは間違いないでしょう。
    それとは反対に、昨今の台湾情勢で懸念するのは国民党政権による過度の対中宥和姿勢です。台湾人意識を強調した選挙公約を覆し、馬総統をして「台湾は
    「一つの中国」の一部に過ぎず、両岸は国と国の関係ではない」とまで言わしめました。台湾が主権国家でないというのは、「台湾に住む全ての台湾人」に
    とって自己否定以外の何物でもありません。
    また、陳水扁前総統を汚職・資金洗浄容疑で訴追し、その矛先を李登輝元総統にまで向けようとする動きがあります。憲法で民主主義を掲げておきながら、司
    法による独立派粛正を野放しにするのは健全な政体とはいえません。
    台湾の民主主義の真価が問われるのはこれからです。今後も台湾情勢から目が離せません。

    北海道に台湾領事館を! 日台友好万歳!

    ------------------------------------------------------------------------------

    読者の皆様の新春のメッセージを掲載します。
    皆様の抱負やアピールなどをお送りいただければ幸いです。


    「台湾の声」編集部taiwannokoe@googlegroups.com まで

    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html
    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)
    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com
                         

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: