台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年12月2日火曜日

    「台湾の声」【読者反響】岡本行夫氏の論文はやはりおかしい

    【読者反響】岡本行夫氏の論文はやはりおかしい

               北海道読者 k

    11月30日の産経新聞の一面に関するご高説ごもっともと存じます。
    時折、所詮産経も商業誌かと思わされることしきりです。

    一面の執筆担当に千のなんとかの宗匠がいますが、到底読むに値しない論ばかり
    で、特に北京オリンピック前の論文は酷かったと記憶しています。
    気をつけて批判もしておかないと産経までも偏向してしまいそうです

    -----------------------------


                              E.I生
     岡本行夫氏の「論評」についてはいつも何かぬるいし、おかしいと思っていましたが、今回は決定的でした。

     わが国の無学無知、胆力の無しの政治家達のように中国に行っていいように操られ、奴隷になり下がったのかと思いましたが、以前からそうだったのかもしれませんね。二・三日前の産経新聞の特派員の方も徹底的に恫喝され、'ひょっとして彼らは日本を見下しているのかもしれない!'というようなことを書いておられましたので、失笑してしまいました。

     政府も外務省も脅かされると明らかな敵対国である中共や韓国にせっせと貢ぎ、アメリカにさえ困っていると思うと頼まれもしないのに援助をする。外交は国益と国益のぶつかり合いなのだから、彼らは絶対に感謝はしないし、かえって侮り、軽蔑する訳で、中共政府はわが国の為政者を徹底的に馬鹿にしているからこそ、何かというと恫喝してくるのだということをこの人も知らないのですね。ちょとキックバックしてやれば河野洋平のように中共政府に忠誠を誓ってしまう議員が大勢いるのですから。

     わが国は戦後、国を担うべきエリートを育ててきませんでした。そのツケが今大きく膨らんでいるのです。
    ---------------------------------------------------------------

    【異論】産経掲載の岡本行夫論文は中国の代弁か

          永山英樹

    ブログでは関連写真も↓
    http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-577.html

    ■田母神論文を批判するのは中国シンパの故か

    産経新聞(十一月三十日)で外交評論家・岡本行夫氏のコラム欄「人界観望楼」
    を読み出して、「おや」と思った。

    「先週、外務省の依頼で中国に講演にいった」と書き出すこの文章によると、岡
    本氏は聴衆から「どうして田母神さん(前空幕長)のような認識の人が軍の最高
    位につけるのですか」と質問され、答えに困ったのだと言う。「実を言うと僕も
    田母神氏に賛成できないから」だそうだ

    同氏は田母神論文に関してこう言う。

    ———「中国に駐留していた日本軍は、安保条約の下で日本にいる米軍と同じ」
    、「太平洋戦争はルーズベルトの仕掛けた罠(わな)、戦わなければいまごろ日
    本は白人国家の植民地」といった主張が、検証に耐えられない論拠で綴られた「
    論文」…

    「検証に耐えられない論拠で綴られた」と断じるが、この人は本当に「検証」し
    てみたのだろうか。いずれにせよこの批評の軽々しさから、歴史への疎さも感じ
    たが、たぶん「侵略」否定の言論への拒否反応なのだろう。それなら戦後教育の
    影響を蒙った人たちには珍しいことではない。

    ただここで直感したのは、この人は中国シンパではないかと言うこと。「侵略」
    肯定論者はしばしばなぜ中国シンパに走るが、中国シンパゆえに「侵略」肯定に
    走るケースもあったり…。

    ■武力行使を放棄しない中国人のどこが「穏やか」

    読み進むうちに、やはり岡本氏は好ましからざる中国シンパだと思えてきた。書
    いていることがあまりにも「典型的」なのだ。

    書き忘れたが今回のタイトルは「中国は穏やかになってきた」。これだけを見て
    も中国シンパ典型の情感がにじみ出ているようだ。では何を以って「穏やかにな
    った」と言うかだが、先ずこうある。

    ———僕は靖国を参拝した小泉純一郎元首相の心情も説明した。「どうぞ小泉さ
    んを嫌いにならないでください」と結んだら、聴衆から期せずして拍手が起こっ
    て、こっちが驚いた。

    中国人の聴衆から拍手を受けるなど、岡本氏はいったいどのような話をしたのか
    。耳障りのいい話をしておけば、中国の民衆は、たとえ歴史問題であっても寛容
    なものだが、きちんと中国側の内政干渉への批判はしたのだろうか。そう言った
    ものを抜きにして、あの問題の本質は語れないはずだが。

    しかしそれはまだまだ小さな問題。それより看過できないのは次だ。

    ———福建省の廈門(アモイ)大学で、日米安保と台湾の関係について講義した
    。…台湾への武力進攻の可能性は常に残すという中国の国是への反対論に対して
    も、ひと昔前とは違って、中国側の反応は理性的で穏やかだった。「賛成はしな
    いけど日本の立場は理解します」

    その中国人はあくまでも武力行使への反対論に「賛成しない」と言っているのに
    、どこが「理性的で穏やか」なのか。ナチス・ドイツによる周辺諸国の併呑政策
    を評価するネオナチと出会っても、岡本氏は「穏やか」などだと、公の場で評価
    できるのか。

    これは言いがかりでも何でもない。台湾問題とは中国による台湾侵略の問題なの
    だ。

    ■牽強付会の中国賛美は意味不明にして事実誤認

    さらに、中国シンパ特有の意味不明な中国賛美(牽強付会の賛美)も見える。次
    だ。

    ———廈門市は台湾の対岸にある。金門島が泳いでいけそうな距離に見える。…
    1996年の台湾海峡ミサイル危機の直後、僕は逆に金門島から廈門を眺めた。
    台湾軍に巨大な要塞を案内され、社会主義中国を眼前にした最前線の緊張感を感
    じた。貧しい中国は何をするか分からないと何度も聞かされた。それから10年
    以上。時代は変わった。…中国は猛烈な速度で豊かになり、…豊かになって余裕
    をもった中国人が金門島を見る目は穏やかだ。勝負はついた感がある。

    この「勝負はついた感がある」とは何のことか。

    台湾の民主的な総統選挙を妨害するため、中国が一方的にミサイル恫喝を行った
    と言うのが九六年の「ミサイル危機」だが、当時台湾側が「貧しい中国は何をす
    るか分からない」と言っていたものの、中国が豊かになった今は緊張が緩和され
    ているとして、「勝負あり。中国の勝ち」と称える岡本氏の論法は、本当に意味
    がよく分からない。

    台湾と中国との間の現実を言おう。たしかに九六年以降、中国は年々豊かになっ
    ているが、その一方で台湾侵攻のための軍備拡張のスピードも、まさにその年か
    ら加速されているのである。台湾に照準を合わせたミサイルの基数も増強される
    一方で、いまだに歯止めがかからない。この現状を知らないはずのない岡本氏は
    、それでも中国の台湾に対する姿勢は「穏やかだ」と言うのか。

    中国が「穏やか」に見えるには、台湾側がその恫喝に屈して宥和路線に傾いてい
    るからなのだ。たしかに「勝負あり」と言うなら勝負はあった。ただしそれは中
    国の恫喝の勝利であって、断じて「穏やか」なものではないのである。

    これでは平和統一(併呑)を正当化する中国の微笑宣伝攻勢への加担となってし
    まう。

    ■朝日社説の如しー信用できない中国翼賛の書き物

    岡本氏は最後にこう書く。

    ———日本の対中感情は良くない。中国にケチをつけるのが流行になった。村山
    談話を修正しろという議論も増えた。「私たちは輝かしい日本の歴史を取り戻さ
    なければならない」と。過去の過ちを認めた途端に、今の日本に誇りを持てなく
    なるのか。

    ———日本は成熟した国だ。そろそろ中国の悪口を言うのも、過去の話ばかりす
    るのも止めて、前を見ないか。中国とも余裕をもって向き合うときだと思うのだ
    が。

    これもまた歴史問題を契機とした日本人の反中感情の高まりを恐れる中国の代弁
    だろうか。

    「過去より未来を」と説いているが、歴史問題は、中国にとっても、そして日本
    にとっても「過去」の問題ではなく「現在」「未来」の問題なのだ。

    そもそも贖罪意識に犯された日本人がこの問題で反中感情を高めたのは、中国側
    の常軌を逸した内政干渉のためなのだ。この主権侵害と言う中国の「未来」に向
    けた反日戦略に対し、日本人は「未来」に対する危機感を高め、ナショナリズム
    を高揚させているのが実情である。

    それに加えて、日本人の暮らしを脅かす中国の「輸出品」、つまり中国人犯罪、
    有毒食品等々への反発、危機感も加わり、さらにはチベット人、ウイグル人への
    残虐な迫害、弾圧にも怒りが抱かれるに至っているのではないのか。

    民族浄化の危機にさらされるチベット人、ウイグル人が岡本氏のこの一文を読ん
    だら、「中国が穏やかになったなどとんでもない」と反論することだろう。「穏
    やかさの裏にある中国の邪悪さを知らないのか」と。

    中国シンパの書くことはかくも信用できない。産経新聞が、中国の微笑外交を翼
    賛するような朝日新聞の社説の如き文章を第一面に掲載してしまったことは遺憾
    である。

    【人界観望楼】外交評論家・岡本行夫 中国は穏やかになってきた
    http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081130/plc0811300247001-n1.htm

    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: