台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年10月2日木曜日

    「台湾の声」【寄稿】 台湾人民は人民自決権を行使して、台湾を主権国家にすべきである

    【寄稿】 台湾人民は人民自決権を行使して、台湾を主権国家にすべきである


    中文訳は『台湾時報』2008年9月20日付けに掲載
                          宗像隆幸(アジア安保フォーラム幹事)

     最近、米国務省はライス長官の名で、世界各国にある米国の大使館と領事館に対して、「台湾のことは『台湾』と呼ぶべきである。『中華民国』の名称を使ってはならない」という通達を出した。米国は中華民国を主権国家として認めていないから、台湾という地域名を用いよ、と言うことである。米国務省は過去にも同じような通達を何回か出しており、世界の殆どの国々も台湾に対して米国と同じような態度を取っている。

     主権国家として承認されなければ、外国と安全保障条約を結ぶ事ができず、主権国家である事を条件とする国際組織にも参加できない。外国と安全保障条約を締結することができず、国際的な安全保障組織にも参加できないから、台湾の安全保障体制も確立できないのである。世界には200近くの国家があり、人口数万人の小さな国々さえ主権国家として認められているのに、台湾だけが異常な状態に置かれているのである。台湾ではそれを中国の圧力のせいにする人が多いが、中国の反対だけでこのような世界的異常事態を作り出せる訳はない。

    実際に世界の主要国の多くが中華民国と国交を断絶したのは、中国の圧力が原因ではなく、1971年に国連総会が採択した第2758号決議案によって、中華民国は主権国家ではないと認定されたからである。国連憲章には現在も、「中華民国は安全保障理事会の常任理事国である」と書かれたままであり、中華人民共和国の名称は一切記載されていないのに、中華人民共和国が安保理常任理事国として国連に加盟している事実を見れば、その事は明白であろう。第2758号決議には、「中華人民共和国の代表が、国連における中国の唯一の合法的代表であり、蒋介石の代表を国連および全ての国連機関から即時追放する」と書かれている。これは、中華民国はすでに滅亡しており、その権利は全て中華人民共和国に継承されたのであり、中華民国を名乗っているのは蒋介石を領袖とする亡命集団に過ぎない、という意味である。

    中華民国は台湾に存在しているのに、すでに滅亡したと認定されたのは、中華民国は主権国家に必要な国際法で承認された領土を持っていないからである。1952年に発効したサンフランシスコ平和条約で、日本は台湾の領有権を放棄したが、台湾の帰属は決定されなかったので、台湾の国際法上の地位はいまだに未定なのである。2300万人の台湾人民は、台湾が世界の国々と同じように主権国家として承認され、国際社会に正式に参加して安全保障体制も確立されることを希求している筈である。それなのに馬総統も立法委員も台湾を主権国家にしようとしないのは、彼等が中華民国憲法に基づいて選出されたからであろう。そうであれば、台湾人民が自ら立ち上がれば良い。

     人民の自決の権利は、国連憲章や植民地独立付与宣言、国際人権規約などによって、すでに国際法で確立された人民の権利である。国際人権規約の冒頭に「全ての人民は自決の権利を有する。この権利によって、全ての人民はその政治的地位を自由に決定する」と書かれているように、人民自決権は全人類に認められた最も基本的な人権であり、如何なる憲法にも優先する。例えば、「台湾は我々台湾人民の国家であり、その国名は台湾である」という文書に台湾人民の圧倒的多数が同意の署名を行えば、総統にも立法院にも、それを拒否する権利はない。台湾人民の総意によって台湾の国際法上の地位が決定され、台湾は主権国家に必要な条件を備えたのだから、世界は台湾を主権国家として承認せざるを得ない。人権を尊重する民主国家は喜んで台湾を主権国家として承認するであろうし、世界の大多数の国々もそれに倣う事になろう。

    台湾の声:http://www.emaga.com/info/3407.html


    メルマガはE-Magazine
    有料メルマガはデジコン

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: